ホーム > くらしのガイド > しごと・産業 > 商工業 > 中小企業振興資金融資制度

ここから本文です。

更新日:2016年7月12日

中小企業振興資金融資制度

町では町内の中小企業を対象に、事業活動に必要な資金の調達を容易にし、健全な企業経営が図れるよう支援します。町が栃木県信用保証協会を通じて金融機関に資金を預託し、中小企業者が金融機関から融資を受ける場合、低金利で資金が活用できる制度です。
また、町では利子補給補助制度として年利1%分を補助いたします。

保証概要

区分

運転資金

設備資金

どんなことに使えるのか

商品仕入れ、買掛支払手形の決済等に必要な資金

店舗等の新改築、機械器具等の購入、設備の改善、従業員福利施設の設置に必要な資金

※事前着工を除く

申し込みが出来る方は

町内の小規模事業者(常時使用者20人以下。ただし、商業・サービス業は5人以下。の事業者・1年以上の事業暦あり)

いくらまで借りられるのか

1,000万円

1,000万円

両方借りる場合には合計1,500万円

いつまでに返せばよいのか

5年以内

7年以内(うち6カ月以内措置)

利率は

3年以内年利1.5%・3年超7年以内年利1.6%

担保は

取扱金融機関及び保証協会の定めるところによる

連帯保証人は

法人の場合は代表者、個人の場合は不要
※その他取扱金融機関及び保証協会の定めるところによる

保証料は

0.405~1.710%の9段階(保証協会の審査により決定)

町補助制度

保証料補助制度は保証料の2分の1を補助(上限5万円)
利子補給補助制度は年利1.0%分を補助

取扱金融機関は

足利銀行芳賀支店【電話:028-677-0311】
真岡信用組合芳賀支店【電話:028-677-0138】

栃木銀行テクノポリス支店【電話:028-667-8801】

申し込みは、商工観光課、町商工会【電話:028-677-0144】、取扱金融機関にご相談ください。

 

 

中小企業・小規模事業の経営者の皆様へ

平成26年2月1日以降に事業者が金融機関から融資を受ける際、個人保証なしで融資を受けることや、事業が破綻しても一定の生活費等を残すことができるルール「経営者保証に関するガイドライン」が策定されました。

経営者保証に関するガイドライン

経営者の個人保証について、

1.事業活動に必要な資産は法人所有とするなど法人と個人の資産・経理が明確に分離されている場合など、一定の条件を満たす場合に個人保証が不要となります。

2.多額の個人保証を行っていても、経営が行き詰まる前に、早めに事業再生や廃業を決断した際に、手元に一定の生活費等が残ることや、「華美でない」自宅に住み続けられることになります。

3.保証債務の履行時に返済しきれない債務残額は原則として免除されます。

などを定めた「経営者保証に関するガイドライン」が策定されました。

経営者保証に依存しない融資や保証債務の整理などのご相談は、中小企業基盤整備機構関東本部までお問い合わせください。

相談及び問い合せ先

中小企業基盤整備機構 関東本部 電話:03-5470-1620

ガイドラインの概要(中小企業庁のホームページ)(外部サイト)

お問い合わせ

部署名:商工観光課商工観光係

〒321-3392 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井1020

電話:028-677-6018

ファクス:028-677-6088