ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

ひとり親医療費助成

18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童を持つ母子・父子家庭の親と児童に対し保険適用分の医療費を助成します。

受給資格

  1. 申請者の住所が芳賀町にあること。
  2. 健康保険に加入していること。
  3. 満18歳に達した最初の3月31日までの児童を扶養している配偶者のいない者、またはこれに準ずる規則で定める者。
  4. 申請者の前年の所得が児童扶養手当法に定める所得制限限度額をこえないこと。

助成対象の医療費

病気やけがなどの診療のうち、保険診療が適用された医療費の自己負担分の全額が助成対象です。
申請書に証明を受ける際、証明料を支払った場合、500円まで助成されます。
加入の健康保険組合や共済組合などから付加給付金(家族療養給付金など)が支給されるときは、その額を差し引いた金額が助成されます。

助成申請の手続き

  1. 領収書を確認する。領収書に「患者名」「保険点数」「負担割合」「入院外来の別」「医療機関名」等が記載され領収印が押されているか確認してください。(領収書の紛失、保険点数の無い領収書の場合は、医療機関で助成申請書の「医療機関記入欄」に保険点数などの証明を受けてください。証明料を支払った場合は、助成申請書の証明料欄併せて証明を受けてください。)
  2. 助成申請書の「申請者記入欄」に必要事項を記入する。(助成申請書は、1つの医療機関につき1枚必要です。)
  3. 助成申請書を町福祉対策課窓口に提出する。(受診月の翌月から翌年の診療同月までに提出すること。郵送での申請も可)
  4. 申請日の翌月末に助成金が支払われます。

※児童が小中学校の場合で、学校で加入している「災害共済給付金」の支払を受けられる医療費については助成申請できません。

内容の変更

福祉対策課の窓口で手続きをしてください。

  • 医療費助成の有効期限が切れるとき
    毎年、7月31日に受給資格者証の有効期間が切れます。ご案内を送付しますので、福祉対策課窓口でお手続きをお願いします。
  • 加入する健康保険が変わったとき
    印鑑、健康保険証、受給資格者証を持参
  • 住所や氏名が変わったとき
    印鑑、受給資格者証を持参
  • 振込口座を変更したとき
    印鑑、通帳を持参
  • ひとり親家庭医医療費の資格が無くなったとき
    印鑑、医療費受給資格者証、保険証を持参(お子さんのみこども医療費へ資格を移行します。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:福祉対策課福祉係

〒321-3392栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井1020

電話:028-677-1112

ファクス:028-677-2716