ホーム > イベントカレンダー > 収蔵資料展2018「唐桶溜の歴史と風景」のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年1月26日

収蔵資料展2018「唐桶溜の歴史と風景」のお知らせ

芳賀町東水沼地区の西端にある唐桶溜(かろけのため)に関係する展覧会です。
唐桶溜は、江戸時代に東水沼村の岡田宗山が農業用のため池として開発した場所として知られています。平成22年には農林水産省の「ため池百選」にも選ばれ、今なお景観の美しさや歴史的価値が認められています。
この展覧会では、唐桶溜の歴史紹介と共に、芳賀町をはじめ各地で写真指導を行っていた故鈴木正一郎氏の写真作品《唐桶の詩》を展示します。歴史の奥深さと作品の美しさをお楽しみください。

展示期間:平成30年2月10日(土曜日)~3月11日(日曜日)
観覧時間:午前9時30分~午後5時
休館日:月曜日(ただし、月曜が休日の場合は翌日)・2月28日(水曜日)
観覧料:無料
場所:芳賀町総合情報館展示室2
主催:芳賀町教育委員会
※お車でお越しの際は、芳賀町役場駐車場または、役場西側の総合情報館駐車場(倉持整形外科前)をご利用ください。

収蔵資料展2018

日時

2018年2月10日~2018年3月11日  09時30分から17時00分

お問い合わせ

部署名:生涯学習課総合情報館係

〒321-3307 栃木県芳賀郡芳賀町祖母井南1-1-1

電話:028-677-2525

ファクス:028-677-2886